キャッシングの金利

 

金利とは、「利子」や「利息」とも言われます。お金を借りている期間の使用料と考えると良いでしょう。金利は、利用者にとっては低いほうがいいです。

 

逆に、金利を受け取る側にとっては高い方が良いわけです。

 

キャッシング会社を選ぶ際に決め手になるのはやはり金利ですから、貸す側は金利やサービスのバランスを調整して顧客を集めています。

 

一般的に、キャッシングは金利が高めに設定されていると言われています。それに比べて、銀行の住宅ローンや教育ローン、マイカーローンの金利は低く設定されています。

 

しかし、そうした銀行のローンには担保や保証人が必要になります。また、信用保証協会に保障費用を払っています。

 

キャッシングが担保・保証人無しでお金を借りる事ができるのを考慮すれば、少しくらい金利が高いのは妥当と言えるのかもしれません。

 

キャッシングの金利は高めですが、短期間に完済してしまえば利息の負担が少なくて済みます。

 

一般的に、消費者金融のキャッシングは審査が優しいですが金利が高めになっています。

 

それに比べて、銀行のカードローンは、審査が厳しいですが金利が低めに設定されています。

 

お金を借りる